肺がんの症状

癌の症状
肺がんの症状の出方はどこにがんができるかによって異なります。
気管支が分岐するところに発生した癌を肺門部癌といいます。
肺門部癌は機関紙粘膜に癌が露出して見えます。
そして気管支に分布している神経を刺激することによって咳や痰などがでます。
特に咳は息が苦しくなるように続く場合があります。
がんが大きくなるに連れて潰瘍が崩れて出血する場合がありますので痰が出る場合に吐血することがあるでしょう。
血を見ることによって不安になったり死への恐怖を感じることがあります。
こうなると夜眠くなったり極度のストレスを抱えてしまうことがあります。
こうなる前に医師へ相談することが大切です。

肺の末梢に癌ができるものを肺野部癌といいます。
これは神経が通っていないところに癌ができるためほとんど自覚症状などはありません。
しかし癌が進行していくと胸部に不快な鈍い痛みが強く感じられることがあります。
こうなると胸膜が炎症を起こして微熱が続きます。
さらに癌が成長すると咳や痰が続いたりします。
やはり早めに医師に診断することが大事のようです。
| がん