肺がんに伴う症状

肺がんの進行に伴う症状癌によって胸部の炎症により発熱しますがそれに伴って体のだるさを感じるようになるでしょう。
さらに倦怠感、食欲の低下を招きます。
そして咳や痰をするのにはエネルギーを消費するため体重が次第に減少していきます。
徐々に気管支の内腔が狭くなってきます。
これにより分泌液が肺にたまってしまいます。
すると細菌にとっての最適な繁殖環境になるのです。
よって、感染を引き起こしやすくなります。
感染は肺炎をもたらします。
さらに気管支が狭くなってくると咳や痰が増えてきます。
よって空気の入らないはいと言うものになってしまいます。

さらにはパンコースト症候群という状況になります。
これは近接している肋骨に癌が浸潤することによって汗が異常に出たり、視覚障害が出たり、頸部や背部に異様な痛みを覚えるようになります。
胸膜炎によって胸水が上昇してくると呼吸困難を感じるようになるでしょう。
| がん