肺がんの発見方法

肺がんの発見方法

内視鏡検査
 気管支を気管支ファイバースコープによって走行して肉眼で肺門部を検査します。
検査後に多少の出血が見られますが翌日にはよくなるでしょう。
他にも体外から針を刺して、細胞を採取する経皮針生検もあります。

胸部X線検査
 胸部X線検査はスクリーニング検査としてX線を浴びせて行います。

肺動脈造影
 肘の静脈から右心系に造影剤を注射して肺動脈を造営して検査する方法です。

気管支動脈造影
太ももの付け根の動脈に造影剤を注入して気管支動脈の状態をけんさします。
これを行った後は24時間ベッドの上で安静にしていなければなりません。

喀痰検査
 起床時に痰を吐き出してもらって、その痰の組織を調べることによって癌の有無を調べます。
| がん