退院後

 やはり酸素の消費量ができるだけ少なくなるような生活を心がけなくてはいけません。
当然ですがタバコの煙は交感神経を刺激して気管支を縮小させるので必ず避けるようにしてください。


浄化作用の低下の原因にもなります。


食事に制限はありませんが、食べすぎは呼吸が苦しくなったりします。


できるだけゆっくりとよくかんで食べてください。


1日4〜5回の分食にするといいでしょう。


就業する際においては注意をはらってください。


できるだけ自分の体力を使わなくて能力に合ったもの、自分の体調に合わせて仕事ができるもの、職場の空気や喫煙者の少ない環境、通勤が楽にできる環境などが整っていることを重視しましょう。


外出する際においては時間に余裕をもって家を出ることが大切です。


またほこりの多い道や人ごみなどは極力避けるべきです。


体調が悪くなったらすぐに取りやめてください。


部屋の空気にはかなり気を使わないとすぐに風邪を引くようになります。


これは肺の能力が低下しているからです。

| がん

退院したら

 やはり酸素の消費量ができるだけ少なくなるような生活を心がけなくてはいけません。
当然ですがタバコの煙は交感神経を刺激して気管支を縮小させるので必ず避けるようにしてください。


浄化作用の低下の原因にもなります。


食事に制限はありませんが、食べすぎは呼吸が苦しくなったりします。


できるだけゆっくりとよくかんで食べてください。


1日4〜5回の分食にするといいでしょう。


就業する際においては注意をはらってください。


できるだけ自分の体力を使わなくて能力に合ったもの、自分の体調に合わせて仕事ができるもの、職場の空気や喫煙者の少ない環境、通勤が楽にできる環境などが整っていることを重視しましょう。


外出する際においては時間に余裕をもって家を出ることが大切です。


またほこりの多い道や人ごみなどは極力避けるべきです。


体調が悪くなったらすぐに取りやめてください。


部屋の空気にはかなり気を使わないとすぐに風邪を引くようになります。


これは肺の能力が低下しているからです。

| がん

肺がんの発見方法

肺がんの発見方法

内視鏡検査
 気管支を気管支ファイバースコープによって走行して肉眼で肺門部を検査します。
検査後に多少の出血が見られますが翌日にはよくなるでしょう。
他にも体外から針を刺して、細胞を採取する経皮針生検もあります。

胸部X線検査
 胸部X線検査はスクリーニング検査としてX線を浴びせて行います。

肺動脈造影
 肘の静脈から右心系に造影剤を注射して肺動脈を造営して検査する方法です。

気管支動脈造影
太ももの付け根の動脈に造影剤を注入して気管支動脈の状態をけんさします。
これを行った後は24時間ベッドの上で安静にしていなければなりません。

喀痰検査
 起床時に痰を吐き出してもらって、その痰の組織を調べることによって癌の有無を調べます。
| がん

肺がんに伴う症状

肺がんの進行に伴う症状癌によって胸部の炎症により発熱しますがそれに伴って体のだるさを感じるようになるでしょう。
さらに倦怠感、食欲の低下を招きます。
そして咳や痰をするのにはエネルギーを消費するため体重が次第に減少していきます。
徐々に気管支の内腔が狭くなってきます。
これにより分泌液が肺にたまってしまいます。
すると細菌にとっての最適な繁殖環境になるのです。
よって、感染を引き起こしやすくなります。
感染は肺炎をもたらします。
さらに気管支が狭くなってくると咳や痰が増えてきます。
よって空気の入らないはいと言うものになってしまいます。

さらにはパンコースト症候群という状況になります。
これは近接している肋骨に癌が浸潤することによって汗が異常に出たり、視覚障害が出たり、頸部や背部に異様な痛みを覚えるようになります。
胸膜炎によって胸水が上昇してくると呼吸困難を感じるようになるでしょう。
| がん

肺がんの症状

癌の症状
肺がんの症状の出方はどこにがんができるかによって異なります。
気管支が分岐するところに発生した癌を肺門部癌といいます。
肺門部癌は機関紙粘膜に癌が露出して見えます。
そして気管支に分布している神経を刺激することによって咳や痰などがでます。
特に咳は息が苦しくなるように続く場合があります。
がんが大きくなるに連れて潰瘍が崩れて出血する場合がありますので痰が出る場合に吐血することがあるでしょう。
血を見ることによって不安になったり死への恐怖を感じることがあります。
こうなると夜眠くなったり極度のストレスを抱えてしまうことがあります。
こうなる前に医師へ相談することが大切です。

肺の末梢に癌ができるものを肺野部癌といいます。
これは神経が通っていないところに癌ができるためほとんど自覚症状などはありません。
しかし癌が進行していくと胸部に不快な鈍い痛みが強く感じられることがあります。
こうなると胸膜が炎症を起こして微熱が続きます。
さらに癌が成長すると咳や痰が続いたりします。
やはり早めに医師に診断することが大事のようです。
| がん

肺がんの特徴

肺は呼吸器系の重要な機関で心臓、気管、食道などと密接な関係にあります。
肺は5つの葉(よう)と呼ばれる部分からなり上葉、中葉、下葉からなります。
肺がんは空気が通る気管支からは違法までの内側の粘膜や分泌腺の細胞に発生します。
日本ではこの肺がんががん死亡率のトップとなってしまいました。
日本の診療技術や成績は過去より少し術伸びてきているのですが初期には自覚症状があまりないこともあって発見して治療できる手術は3分の1しかないみたいです。
主な原因は喫煙によるものです。
これは40歳以上の高年齢の男性に多く見られるようです。
この場合血縁者に肺がんの人がいるとさらに危険率が高まります。
直接的な原因は詳しくわかっていませんが、タバコに含まれるニコチン、タール、ニトロソアミンなどが原因となっているようです。
また自動車の排気ガスなどは遺伝子異常を引き起こすため肺がんの発生と関係があります。
肺がんの症状としてはせきや胆が続いて、時に呼吸が苦しくなるほどの席に見舞われることがあります。